gan well 再生日記 第3回

前回は、歴代最強のステムと対峙して、筋肉痛になりました、gan well再生日記。

今回はシフトレバーと、フロントディレーラーの再生クリーニングを行っていきたいと思います。

まずはこちら、DURA  ACE のノンインデックスダブルレバー

DSCF2447

最近は、ホリゾンタルクロモリフレームの完成車にSTIレバー(ブレーキ、変速一体型)などが付いている物もありますが、『やはりヴィンテージバイクにはこれでしょう』という方が多いです^^

DSCF2445

バンドとレバーの隙間にかなりのホコリが詰まっています。見にくいですが、バンド部分に DURA  ACE  の文字もしっかり入っています^^

DSCF2446

こちらは裏面。

確かに汚れてはいますが、前輪からの跳ね上げを25年間、受けてきた部分にしてはキレイだなと思います^^

では、クリーニング後を御覧ください !!

DSCF2448

キレイになりました^^

上の写真と見比べてみると、やっぱり汚れていたんだなと思います^^

さきほど見づらかった DURA ACE の文字もハッキリ見えるようになりました! 隙間のホコリも、もちろんスッキリ^^

DSCF2449

意外とキレイに見えた裏面も・・・

DSCF2452

やっぱり磨くとキレイになります^^

早くフレームに取り付けた絵図が見たい!!っと思いましたが、それはフレームの塗装が終わるまで、もうしばらくの我慢です^^

それでは、続きましてフロントディレーラーです。

DSCF2429

やはり、ディレーラーは他のパーツに比べると錆びも汚れも目立ちます。

DSCF2431

しかし、こちらもやはり DURA ACE ですのでしっかり再生させたいと思います!!

ある程度分解し、スプレー式パーツクリーナーで粉塵などを取り除き、さらにブラッシングや薬品を使い磨き上げます 。キレイになったら、必要な部分にグリスを塗って完成です^^

DSCF2432

文字もハッキリ見えます^^ 黒い部分もツヤを取り戻してくれました!! 位置調整のボルトも再生できて良かったです^^

DSCF2436

裏面もキレイになりました^^

ただ、ひとつ残念なのが、この写真では判らないかもしれませんが、チェーンが磨れて付いてしまった内側の傷は消せなかったので、ペイントしてなるべく錆び付かないように細工をしました。逆に嬉しかったのが、クリーニング前は、完全に錆を取り除くのは難しいかもしれないと思っていた、バネの部分がほとんどキレイになってくれたことです^^

新品・・・とまでは言いませんが、25年前の物とは思えないほどキレイになってくれて嬉しい限りです^^

それでは次回もお楽しみに^^

About 自転車のQUEST

名古屋市昭和区の自転車店「自転車のクエスト」です。 1920年の創業以来、「責任感」と「修理・整備・再生」をポリシーに、小さな街の自転車店としてたくさんのお客様にご愛顧いただいています。 掲載車のご購入・お問い合わせはどうぞお気軽にお電話ください! 〒466-0003愛知県名古屋市昭和区曙町2-9-8 TEL(052)-731-3862